結婚式で真珠をつけるときの正しいマナー

女性を美しく着飾ってくれる真珠ですが、結婚式という場でつけるときにはマナーを守って身につけることが大切です。
どのようなことに気をつけるべきなのかと言いますと、まずは服の色との合わせ方です。
白い真珠に黒いドレスですと、葬式や通夜のイメージと重なってしまいますので、あまり良い組みわせとは言えないでしょう。

次に、花嫁の色である白は避けるのが礼儀ですが、真珠の白というのは許容されていますので、身につけること自体はマナー違反ではありません。
しかし、自分が主役なわけではありませんので、あまりにも目立ちすぎるコサージュや髪飾りは避けた方が良いでしょう。
また、白い真珠だけでなく黒い真珠はマナーとしてどうなのかと言いますと、実はこちらも許容されています。
出来る限り身につけない方が無難ではありますが、絶対的なマナー違反とは言えません。

続いて、真珠のネックレスを身につける場合、時間帯と長さの兼ね合いを考慮する必要があります。
まずは、鎖骨にかかるくらいの長さ40センチ前後のネックレスですが、最も格式が高いとされていますので、どのような時間帯にも身につけることが可能です。
ドレスのデザインも選びませんので、まさに万能な長さだと言えるでしょう。

胸元を優雅に見せてくれる50~60センチ前後のネックレスについては、昼間の時間帯にパーティーが開かれる際に付けると良いでしょう。
華やかな印象の装いにすることが出来ます。

では、夜のパーティーにピッタリなネックレスの長さはと言いますと、大体80センチ前後のものです。
優雅な印象の装いを形づくることが出来ます。

最後に、大きさによっても印象が変わってきます。
大粒の真珠ですと、より個性的でシャープな印象になりますし、小粒の真珠ですと、清楚でたおやかな印象になります。
その日にヘアスタイルや自分の顔の雰囲気に合わせて、真珠の粒の大きさを選ぶと良いかもしれませんね。
デザインに対する縛りはないと言って良いでしょう。

オススメ記事:結婚式に呼ばれた時の真珠のつけかたはどうすれば良い?